おすすめ記事
通勤時間を有効利用する

通勤時に心がける事

更新日:

心がける事

少しでも通勤ストレスを解消するために心がけたい事を紹介します。ちょっとした工夫で軽減できます。

心がける事

早めに乗る

電車に乗る時間を早めてみましょう。比較的空いている電車に乗れば、その分ストレスも少なくなるはずです。早起きが苦手な人もいるでしょうが、逆にいえばそれだけ早い電車に乗れる人は少ないという事です。満員電車のストレスを考えれば、いつもより30分早く起きる方が楽なはずです。最初は慣れないかもしれませんが、1ヵ月もすれば平気になります。
また、1つ前の駅から乗るという方法もおすすめです。歩く距離が多くなりますが、その分健康的には好影響です。1つ前の駅が始発なら、高確率で座れるでしょう。

楽なポジションを探す

降車時や乗り換えにストレスを感じる人は、電車内のポジションを変えてみてください。例えば、車両の内側は比較的空いている事が多く、人の流れがあれば降車しやすいポジションです。ドア付近は最も降車しやすいポジションで、身体接触も少なく済みます。ただし、人の流れが激しいので、駅によっては一旦降車して乗車し直すという作業が必要です。先頭車両や最後尾車両なら、壁にもたれる事ができます。コーナー部分は特にストレスが少なく済みます。また、目的の駅の出口に設置されている階段に最も近い車両は、降車時のストレスが極端に少ないです。わざわざ「降ります」といわなくてもスムーズに降車できます。

アイテムを活用する

服装やアイテムを満員電車用にカスタムするのも1つの方法です。カバンは薄いものにして、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンを装着しましょう。立ちっぱなしが辛い人は靴を変えてみてください。においが気になるならマスクを装着します。

ストレスを遠ざける

満員電車は精神的なストレスが非常に強い環境です。乗る前から嫌な気持ちになる人もいるでしょう。しかし、それでイライラしても目的地に早く到着するわけではありません。満員電車のストレスから気を反らし、心を無にする必要があります。外の景色を見たり、目を瞑ったりして気を反らしてください。音楽を聴いたり、読み上げ機能を使って読書をしたりするのもいいでしょう。
また、満員電車から解放された後は、ひと息ついて気持ちをリフレッシュしてください。ストレスを引きずったまま仕事に入ると、集中力が継続しません。飲み物を飲んだり、トイレに行ったりして一旦気持ちを落ち着かせましょう。頭を切り替えるために、1駅分早く降りて歩くのもおすすめです。身体を動かす事で自然と気持ちもリフレッシュできます。